コメットからもデジタル小電力コミュニティ無線用アンテナ発売 CDH-140

第一電波工業のSRH-140DHに続き、コメットからもデジタル小電力コミュニティ無線用のハンディホイップCDH-140がリリースされた。一部の販売店には、リリース日より先に手違いで商品が流れてしまったようで、現在入荷しているお店とそうでないお店が混在しているらしい。

それはさておき、もちろん注目なのは性能。SRH-140DHと同じ1/4λ 2.14 dBiであるが、同じ形式・利得であってもSRH-350DHとPDH351-04では明らかな性能差がある。実際に試してどちらかに軍配が上がるのかどうか注目だ。

 

プレスリリースによると、ふたつに分かれるデジタル小電力コミュニティ無線の周波数帯に合わせて、SWRの特性が工夫されていることが伺える。この点はどのアンテナメーカーも苦労しているようだ。

外観上はSRH-140DHとは異なり、しっかりとしたエレメントが採用されている模様。長さは4cmほど短いが重量は20g重い。意外に使い勝手にも違いが出そうだ。

性能面でも使い勝手でも実際に試す楽しみがありそうだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です